福岡市早良区 眼精疲労改善対策

minuki1
眼精疲労とは、目を使う作業を続けることによって、目に疲労の症状が出てくる症状です。

誰にでもよくある症状であり、しばらく経つと改善する場合もあります。

しかし、時には症状が続いてしまったり、体にも大きな影響を与えてしまうことがあります。

長く続く場合は軽く捉えず、専門医に診てもらいましょう。

 

一般的に、眼精疲労はこのような症状が発生します。

 

眼精疲労改善対策

hakunai_1

眼精疲労は、誰でもちょっとした加減で改善が可能です。

これらのセルフケアや私生活の改善で、眼精疲労を改善しましょう。

 

・ブルーライトの休憩時間を与える

パソコンやスマホ、タブレット、TVからは、ブルーライトが発されています。

ブルーライトは目を疲れさせてしまい、眼精疲労としてしまいます。

これらは観ない方がおすすめですが、仕事で使わないといけない場合はそうもいきません。

その場合は、1時間に1回休憩をするようにしましょう。

1時間に1回10分ほど休憩することで、目に疲れがたまりにくくなります。

休憩時間はなるべく遠くを見るようにして、目に変化を与えてあげましょう。

 

・目を温める

目を温めてあげることで、視神経が和らいで疲れが取れていきます。

ホットタオルや蒸気でアイマスクなどを使って、目を温めてあげましょう。

1日の終わりに行うことで、目の疲れがスッと取れて眠りにつきやすくなりますよ。

疲れが物凄く溜まっている時は、冷たくしたり温かくしたりを繰り返すことで、目の疲れが取れてシャキっとしていきます。

 

・目の体操をする

目をグルグルと動かすことで、目の疲れた神経に刺激を与えて疲れが取れていきます。

両眼を見開いて、上下左右に大きく目を回します。

右回りと左回りを数回行ったら、目を閉じてゆっくり休ませましょう。

 

・目にいい食事を心がける

目に良い食事というのは、たくさんあります。

ただし、その素材を摂れば良いという訳ではありません。

主食、副菜、主菜、乳製品、果物の5つの種類をバランスよく摂取することが基本となります。

ビタミンAは目の粘膜を保護する効果があり、ビタミンBはメモ疲れを良くすることができ、ビタミンCとビタミンDは、目の水晶体の老化予防、ビタミンEは目の機能の活性化、アントシアニンは目の神経伝達を良くする効果、ルテインは活性酸素排除効果があります。

これらをバランスよく摂取して、目に良い影響を与えてあげましょう。

 

整骨院や接骨院で眼精疲労ケア

kadouiki2

眼精疲労ケアは、整骨院や接骨院でのケアもオススメです。

ツボやマッサージを行うことにより、眼精疲労を改善へとみちびいていきます。

プロの施術を受けることで、効果的なツボやマッサージケアへとみちびくことができます。

スッと疲れが取れていくので、気持ちよくて寝てしまう人もいるほどです。

整骨院や接骨院には得手不得手がありますので、事前に電話をして眼精疲労の施術ができるかどうかを確認してから通うようにしましょう。

 

福岡市早良区 眼精疲労改善対策なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事