福岡市早良区 卵巣嚢腫

【卵巣嚢腫とは】

sikyu_1

卵巣とは、子宮の両方の左右1つずつある親指ほどの大きさの臓器です。
卵巣の一部分にできた袋状の腫瘍内に液体が溜まっている病気を、卵巣嚢腫といいます。

卵巣嚢腫には、このような種類があります。

・皮様のう腫
袋の中に、髪の毛や油、骨などの人の成分と同じようなものが溜まる、卵巣嚢腫です。
卵巣嚢腫の中では比較的頻度が高い病気であり、珍しい病気ではありません。
年齢を増した方だけではなく、若い方でも発症する場合があります。
別名、デルモイドや類皮嚢胞とも言われることもあります。

・漿液性腺腫
袋の中に水のようなものが溜まる、卵巣嚢腫です。
溜まる袋は、1つの場合が大半です。

・粘液性腺腫
拭く厥中にゼリーのようなものが溜まる、卵巣嚢腫です。
たくさんの袋で出来ていることが、大変です。

・子宮内膜症性嚢胞
いわゆる子宮内膜症の症状であり、チョコレート嚢胞ともいいます。

 

【卵巣嚢腫の症状】

naimaku (1)

卵巣嚢腫の多くは、無症状です。
ほとんどが日常生活に支障がなく、気が付きません。
そのため、検診や内診で偶発的に見つかることが大半です。
発見された時は3cmなど、大きくてビックリする人もいるほどです。

卵巣嚢腫のほとんどが日常生活に支障をきたしませんが、悪化していくと症状が発生します。
5~8cm以上のある程度の大きさになると、ねじれたり破れてしまったりすることで急激な痛みが発生します。
この場合、手術をしないと改善しません。
ねじれや破裂が発生すると、このような症状が発生してしまいます。

・頻尿
・便秘
・吐き気
・腹痛
・下肢の浮腫
・腹囲の増大
・妊婦さんのようにお腹が突き出てくる

卵巣嚢腫となっても月経は順調に来るので、妊娠にはあまり影響を与えません。

少しでもおかしいと思ったら、病院で診察を受けましょう。

卵巣嚢腫の場合、約90%が良性です。
悪性であることは10%程度ですので、怖がらず受診するようにしましょう。

卵巣嚢腫の診察は、婦人科で行います。
超音波や内診で診断が可能であり、卵巣の大きさや形、癒着の有無などを診察します。
ガンなどの悪い病気との区別のために、MRIで細かく診察します。
また、腫瘍の存在により、血液検査を行うこともあります。
血中に増加している物質を測定して、卵巣嚢腫診断の補助に使います。

 

【卵巣嚢腫の治療方法】

syourei_gan1

卵巣嚢腫の治療方法は、このような方法を行っていきます。

・良性腫瘍の場合
大きさが5cm以下の場合は、定期的な経過観察とする場合が多く、手術は行いません。
腫瘍の大きさが一定以上の場合は、手術を行うことが大半です。
卵巣摘出手術や付属器摘出手術などを、行っていきます。
生殖年齢の場合は、腫瘍のみを摘出して卵巣部分を残す手術方法を選びます。
片方の卵巣を摘出しても、妊娠はできます。
30代までの若い方は妊娠ができるように考えた治療方法をしてくれますので、専門医とよく話し合うとようでしょう。
また、最近は腹腔鏡を用いた簡単な手術方法で行う場合もあります。
そのため、お腹に大きな傷を付けずに手術を受けることも可能となりました。

・境界悪性腫瘍
境界悪性腫瘍とは、良性の腫瘍と悪性の腫瘍の中間的な腫瘍です。
組織診断により、境界悪性腫瘍と確定します。
多くの場合手術で完治が可能であり、悪性腫瘍と比べて良好な症状です。

・悪性腫瘍
乱闘悪性腫瘍の場合は、手術で腫瘍を出来る限り可能な範囲まで摘出します。
手術後は抗がん剤を使った化学療法をおこない、残存している腫瘍や腫瘍細胞の完全消滅へとみちびきます。
手術後の化学療法は、残っている腫瘍の大きさが小さいほど効果があるといわれています。
卵巣悪性腫瘍は、抗がん剤がよく効くガンのひとつといわれています。
そのため、早いうちにがん細胞を撮り除けば化学療法は効果的といえます。
化学療法には2~3種類の抗がん剤を組み合わせて、周期的に投与していくことが一般的です。

卵巣嚢腫の腹腔鏡下手術は、このような方法で行っていきます。

・体外法
腹腔鏡を使って骨盤の中を観察して、卵巣嚢腫の大きさや周囲の癒着状態を確認します。
癒着がないことが確認されたら、卵巣嚢腫の内容液を吸引して、風船をしぼませるように卵巣嚢腫をしぼませます。
約2~3cmになったら卵巣を引きずり出して、卵巣嚢腫を取り除いて正常な卵巣を吸収糸(体の中で溶ける糸)で縫って修復します。

・体内法
拭く打鏡で骨盤の中を観察して、癒着がある場合は癒着を可能な限り周りからはがします。
その後、内容液を吸引して、鉗子を使って体内で卵巣嚢腫を正常な卵巣部分からはがして卵巣嚢腫を取り除きます。
体内で卵巣を吸収糸で縫い、修復します。

卵巣嚢腫の腹腔鏡手術は、3泊4日程度の入院で終わることが大半です。
子宮内膜症が原因で癒着のある場合は、もう少し入院期間が長くなる場合もあります。
高額療養費制度が適用可能ですので、自己負担額を超えた場合は非酔いを払い戻してもらうことができます。
そのため、費用を気にせずに手術を受けることができます。

 

【卵巣嚢腫は東洋医学でも改善可能】

monsin_1

東洋医学では、卵巣嚢腫などの婦人科疾患は血と気のアンバランスにより発生すると考えられています。
体内の気や血などのバランスなどを改善して、症状や病気を改善へとみちびくことができます。
卵巣嚢腫で不安な人は、整骨院や接骨院で症状改善へとみちびいてみませんか。

体内の気や血のバランスを改善させることにより、嚢腫のサイズダウンも期待することができます。
ハリ治療を行って正常な脈へとみちびき、病脈が出ないよう状態にしていきます。
また、お腹や背中の子宮や卵巣の効果的なツボ押しも行い、症状改善へとみちびきます。
即効性はありませんが、4~6か月で好転したという声もあります。
もちろんサイズや症状により響き方は違いますが、どんどん楽になってきたという声が多く挙がっています。
長期的な施術になってしまいますが、手術を受ける前に試してみる価値があるといえます。

 

 

福岡市早良区 卵巣嚢腫なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません