福岡市早良区 うつ病の治療

481256a2d6384478726e196d03294e63_s
うつ病とは、ひとことで説明するのは大変難しい病気といえます。

脳のエネルギーが欠乏した状態により、憂うつな気分や様々な意欲低下となっている心理状態が続く状態です。

また、様々な身体的自覚症状を伴うこともあり、気分や身体的に様々な状態が発生します。

エネルギーの欠乏によって、脳のトラブルが発生している状態です。

私達人間には自然治癒力という機能があり、体内でトラブルがあった場合でもスムーズに回復へとみちびくことができます。

しかし、脳のエネルギーが欠乏している状態では、自然治癒力が効率的に働きません。

自然治癒力が発揮できないことで、様々なことに支障をきたしてしまいます。

家事や仕事、勉強などの本来スムーズにできて当たり前のことが上手くできなくなってしまい、交際や趣味などの日常生活全般にも支障が出てしまいます。

 

【うつ病の分類】

kamen_4

うつ病は、以下のような分類があります。

 

〇うつ病の症状の現れ方

うつ病の症状だけが発生する場合は、「単極性うつ病」といいます。

うつ病状態と躁状態の両方が発生する場合は、「双極性うつ病」といいます。

 

〇うつ病の重症度による分類

「軽症」の場合は、仕事や日常栄活、他人とのコミュニケーションに発生する障害はわずかであり、周りの人はうつ病だと気が付かない場合もあるケースです。

「重症」の場合は、仕事や日常生活、他人とのコミュニケーションが困難になってしまうレベルです。

「中等症」は、「軽症」と「重症」の間のような状態を指します。

 

〇初発か再発の分類

「単一性」か「反復性」かによる、分類です。

「反復性」の場合は、特に再発防止に対する対応が非常に重要となります。

 

〇うつ病の病型の特徴による分類

うつ病の病型の種類には、これらがあります。

 

・メランコリー型

メランコリー型は、典型的なうつ病と言われるケースのタイプです。

仕事や責務、役割に過剰に適応はできるのですが、そのうち脳のエネルギーが枯渇してしまう流れとなってしまいます。

良いことがあっても一切気分が上昇しない、食欲不振、体重減少、朝に気分が落ち込む、起きる時間の2時間前に目が覚めてしまう、重度な罪悪感などが発生します。

 

・非定型

非定型は、良いことに対しては気分が高揚する、食欲は可食経口、体重増加、寝すぎる、ひどい倦怠感が発生する、他人からの批判に過敏になってしまうというような状態になるうつ病です。

 

・季節型

季節方は反復性の一種のうつ病であり、特定の季節にうつ病を発症し、季節の変わり目に回復するタイプです。

春夏秋冬どの季節にも発生する傾向があり、特に冬季うつ病が有名です。

冬に発生してしまうことが多い理由は、日照時間の関係があるといわれています。

 

・産後

産後のうつ病は、産後4週以内にうつ病を発症してしまうケースです。

出産により女性ホルモンの変化や分娩の疲労、子育てに対する不安、授乳などにより睡眠不足などにより、うつ病を発症してしまいます。

 

【うつ病の原因】

kebyo_4

うつ病の原因は様々な研究にて調べられていますが、原因は1つではないと言われています。

一般的に非常に辛い出来事があったことが発症のきっかけとなることが大半なのですが、それ以前にいくつかの原因が積み重なっていることにより、うつ病発症へとみちびいているようです。

生活の中で起きている様々な原因が、うつ病発症に複雑に結びついているようです。

これらのことが、原因となっているようです。

 

〇環境要因

うつ病の最もきっかけになりやすいことが、環境要因です。

これらが、原因となって発生します。

・大事な人との死や離別

・財産や健康などの大事な物を失ってしまう

・人間関係のトラブル

・家庭内のトラブル

・職場での役割変化

・家庭内での役割の変化

 

〇性格傾向

生まれ持っている性格により、うつ病を発症してしまうことがあります。

このような性格の人は、うつ病になりやすいと言われています。

・義務感が強い

・仕事熱心

・完璧主義

・几帳面

・凝り性

・他人への配慮が常にある

このような性格の人は、エネルギーの放出が多い傾向があります。

もちろん努力の成果が伴うことにより放出したエネルギーは回復しますが、成果が出せない場合エネルギーが枯渇してしまい、それによりうつ病へと結びつけてしまいます。

 

〇遺伝的要因

家族にうつ病発症者がいる場合、うつ病になる可能性があるといわれています。

 

〇慢性的な身体疾患

慢性的な身体疾患の場合、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経遺伝物質の機能が低下してしまい、情報の伝達が上手くいかなくなってしまい、うつ病につなげてしまう場合があります。

 

〇うつ病の兆候

このような症状がある場合は、うつ病の兆候といえます。

 

・楽しさや喜びを感じることができない

今まで楽しかったことに対し、楽しみや喜びを感じなくなってしまいます。

それにより生活に張りがなくなってしまい、何をしていても憂うつな状態となってしまいます。

 

・趣味や好きなことに興味がなくなり

健康で元気な状態であれば、趣味や好きなことには思いっきり楽しむのが当たり前です。

うつ病の場合楽しむことができなくなってしまい、疲労感ばかりが先に出てしまうようになります。

 

・良いことが起きても気分が高まらない

自分にとって良いことがあると嬉しくなるものですが、うつ病の場合良いことがあっても気分が晴れません。

 

【うつ病の治療は整骨院や接骨院で受けてみよう】

suizou_3

うつ病の治療は、病院では精神科や心療内科で受けます。

しかし、なかなか改善しにくい方も中にはいます。

うつ病は改善までに時間を要するので、なかなか改善しないとヤキモキする人もいると思います。

 

うつ病は、整骨院や接骨院でも治療を受けることができます。

 

私達の健康は、交感神経副交感神経のバランスが良く働いているからです。

交感神経と副交感神経のバランスを整えることは、血流の改善により正常へとみちびくことができます。

 

整骨院や接骨院では、施術により血流を改善させ、自律神経のバランスを整えます。

自律神経のバランスが整うことで、脳内神経伝達の働きを向上させることができ、うつ病改善へとみちびくことができます。

 

いつまでも改善せず困っている方、心療内科や精神科には通いたくない方には、整骨院や接骨院での治療がオススメです。

 

福岡市早良区 うつ病の治療なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

うつ病について詳しくはこちら

うつ病

この記事に関する関連記事