福岡市早良区 不安症の症状

【不安症とは】

kamen_4
不安症とは、過剰な激しい不安が慢性的に、かつ変動的に発生してしまう症状です。

不安というのは、誰もが持つ症状です。
脅威や精神的ストレスなどにより発生する、正常な反応です。

不安症というのは、ふさわしくない状態で生じたり、頻繁に不安が生じたりすることであり、日常生活に支障をきたすほど不安が強く発生し、長く持続してしまう症状です。
不安の度合いが大きく頻繁に発生する人は、不安症の可能性が考えられます。

不安症というのは、他の精神障害よりも多く見られる症状です。
アメリカでは成人の約15%に、不安症の方がいると言われています。
この数字は把握されている数字だけであり、本人や医療従事者がその症状に気付いていな愛場合も多くあります。
そのため、実際はもっと多くの方が不安症に悩んでいるといえます。
日本でも増えてきており、多くの方が悩んでいる少女といえます。
特に若い人達に多く、35歳以下の人は高齢の人よりも不安症になりやすいと言われています。

不安症には、これらの種類があります。

・全般不安症
いくつかの出来事や活動に対して、過剰な緊張や不安が発生してしまう症状です。
6か月間の中で、不安が起きる日数よりも不安がない日数を上回ります。
成人の約3%に発症されている症状であり、女性は男性の2倍多くみられています。
多くの場合小児期や青年期にはじまりますが、どの年齢でも発症する症状と言われています。

・パニック発作とパニック障害
パニック発作や、強い苦痛や不安、恐怖などが突然現れることで発生してしまう、単発的な発作です。
身体症状や精神症状を、伴います。
パニック障害は、自然発生が繰り返し発生し、将来の発作に不安を覚えるようになってしまう症状です。

・限局性恐怖症
特定の状況や環境、対象に対して非現実的で激しい不安や恐怖感が続いてしまう症状です。
時に、パニック発作を発生させてしまうこともあります。
そのような不安が過剰だという自覚を持っており、何らかの問題があることに気付いています。

 

【不安症の原因】

zutu_kisyo1

不安症の原因というのは、完全にはわかっていません。
現時点で考えられている原因は、これらの要素が関わっている可能性があるといわれています。

・遺伝的な原因
家族に不安症の方がいる場合、遺伝して受け継いでしまうことがあります。

・外傷的出来事や経験、ストレスなどの環境的原因
重要的な人間関係の破たんや、生命を左右する災害の遭遇など、環境的なストレスにより発症してしまうことがあります。

・精神的気質
不安症というのは、ストレスに対する反応が不適切な場合は、ある出来事に打ちのめされた場合に、発症することがあります。
よくあることといえば、大勢の人たちの前で話をすることに対し、ひどく恐れて不安になってしまうというケースです。
ものすごく不安に思ってしまい、発汗や恐怖感、心拍数の上昇、ふるえなどの症状が発生してしまう場合があります。
ひどくなってしまうと、少人数のグルームの前で話すことだけでも、避けてしまう場合もあります。

・身体的状態
身体的な病気や薬の使用などにより、不安症が発生してしまう場合もあります。
心不全や不整脈、副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫、喘息、慢性閉そく性肺疾患などの呼吸器系の病気、コカインなどの薬物使用、市販のダイエット商品の使用などによって、発症してしまうことがあります。
【不安症の症状】

_shared_img_thumb_YUKA_schoolkakaeru15215519_TP_Va

不安症の症状は、パニックを起こした時のような突然発生する症状もあれば、数分間、数時間、数日間かけて徐々に発生してしまう場合もあります。
不安が持続する時間も原因により様々であり、数秒間の場合もあれば数年間まで続く場合もあります。
不安の強さも様々であり、ほとんど気が付かない軽い症状の場合もあれば、息切れ、めまい、心拍数増加、ふるえなどが発生してしまうパニック障害まで幅があります。
また、多くの苦痛をもたらしたり、日常生活の妨げになることもあり、うつ病に至ってしまう場合もあります。
不安症の人は不安症じゃない人と比べると、うつ病を発症する可能性が2倍は高まると言われています。
逆に、うつ病患者が不安症を発症することもあります。

不安というのは誰でも発生することですが、不安症までの強い症状が出ていると思ったら医師に相談をするようにしましょう。
このような症状が出ている場合は、不安症の診察を受けるべきといえます。

・不安によって強い苦痛を感じている
・不安により日常生活に支障が出ている
・不安状態が続いており数日経っても自然に治まらない

このような状態が発生している場合は、精神科で診察を受けるようにしましょう。
精神科の受診は、ためらってしまうかもしれません。
しかし、今の精神科はプライバシーがきちんとされており、気軽に行ける科となっています。
今の症状が緩和されていきますので、恐れず受診するようにしてみましょう。
【不安症の治療方法】

monsin_1

不安症は、このような治療方法で改善へとみちびいていきます。

・薬物療法
抗不安薬などを服用し、症状緩和へとみちびきます。
軽度の不安症であれば、薬物療法だけでも改善が可能な場合もあります。

・精神療法
薬物療法で不安が残る場合は、行動療法などの治療を行っていきます。

 

【不安症は整骨院や接骨院での治療がオススメ】

tokowaka_650 (1)

不安症は、整骨院や接骨院での治療もオススメです。
整骨院や接骨院では、鍼灸などの施術により血の巡りを改善させることができます。
血のめぐりを改善させることで血流が良くなり、自律神経のバランスを整えることができます。

不安症の方は自律神経のバランスが乱れている人が多く、なかなか改善へとみちびくことができない方が大半です。
自律神経のバランスを正常にさせ、不安症改善へとみちびいてみましょう。
気持ちが前向きになって、スッキリしていきますよ。
血流が良くなり自律神経のバランスが整うことで、アクティブになるで毎日が楽しくなっていきます。

整骨院や接骨院での治療は痛いと思っている人も多いよいですが、そんなことはありません。
適度な力で施術を行っていきますので、気持ちいい程度の力しか入れません。
気持ちよくて寝てしまう方もいる程ですので、誰でも気軽に施術を受けることができますよ。

福岡市早良区 不安症の症状なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません