福岡市早良区 げっぷの予防方法

【げっぷが止まらない原因とは】
仕事中や授業中など、げっぷが出てほしくない時に限ってげっぷが出そうになり、慌ててしまったなんていう人もいると思います。
食後にげっぷが出ることは普通ですが、急にげっぷが出そうになったりゲップが止まらない場合は、何らかの原因により発生している場合が考えられます。

なぜげっぷが出るのか、その理由は胃の中に溜まった空気が食道から出てくることで発生する、生理現象です。
胃という部分は食べ物が入っていない場合はしぼんでいるのですが、ある程度の大きさを維持するためにある程度の空気が入っています。
また、食べ物を消化する際にある程度空気が入っていることで、胃液が上手く撹拌されて胃の中の全体に行き渡らせることができます。
消化のためには、胃の中に空気が入っていることは必要不可欠といえます。
さらに、食べ物を食べる際に食べ物と一緒に空気が入ってきます。
食べ物と一緒に入ってきた空気が居の中で増大すると、食道に約流してげっぷとして口から外に出してしまいます。

この状態は当たり前の減少なので、避けることができません。
しかし、あまりにもげっぷが出過ぎて止まらない場合は、何か別な原因が潜んでいる場合が考えられます。
【げっぷが止まらない原因とは】
げっぷが止まらない場合は、これらの原因が影響を与えている場合があります。

・逆流性食道炎
逆流性食道炎は、食べた物が消化不良のまま胃酸と一緒に食道の入口付近まで逆流してしまう状態です。
食べ物と胃酸と一緒に空気も戻ってくるので、げっぷが多く出てしまうことがあります。

・一過性のストレス
何の原因もないのにげっぷが多く出てしまう場合は、ストレスによる影響の場合があります。
ストレスにより体の中の血管を収縮させてしまい、それに伴って胃も収縮してしまうので、腹圧が上がってしまいげっぷとなってしまうことがあります。
近年は、ストレスによりげっぷが多く出てしま人が増えています。

・呑気症
精神的ストレスにより空気を大量に吸いこんでしまうことで、消化器内に空気が溜まってしまい、げっぷを多く出してしまう症状です。

・慢性胃炎
慢性胃炎もストレスが原因となっている胃炎であり、慢性的に胃酸の分泌が増加してしまうことで、胃の粘膜を傷つけてしまい発生してしまいます。
胃痛のために空気を多く吸い込んでしまうことがあり、げっぷが多く出てしまうことがあります。

・胃潰瘍
ストレスやピロリ菌、慢性胃炎が原因となってしまい、胃酸過多により胃の粘膜が傷ついてしまい潰瘍ができて発病してしまいます。
胃痛の影響で空気を多く飲んでしまったり、胃の機能が悪く必要以上にげっぷを発生させてしまうことがあります。

・機能性ディスペプシア
胃の痛みや嘔吐などの胃の異常を感じるのに、内視鏡では異常が見つからない胃の疾患です。
異常なほど、げっぷが出ることがあります。

・胃下垂
胃下垂は胃が正常の位置よりも下に下がっている状態であり、食べたものの消化不良が発生しやすく、げっぷも多く出てしまいます。

・はの噛みしめの多さ
無意識に歯をかみしめる癖があると、唾液の量が増えてしまいます。
唾液を飲む込む時に空気も一緒に飲み込んでしまい、げっぷが出やすくなってしまいます。

・暴飲暴食や早食いをする
暴飲暴食や早食いの人は、食べ物を食べる際に空気を多く飲み込む傾向があります。
それにより、げっぷが出やすくなります。

このように、げっぷが発生しやすい要因は様々あります。
誰でも起きやすい原因が多くあり、誰でもげっぷが出やすい状態になってしまうことがあるといえます。
【げっぷが止まらない際の対処方法】
げっぷが止まらない場合は、このような対処方法で改善へとみちびいてみましょう。

・水を飲む
水を飲むと、過剰摂取したガスを中和させることができます。
胃に刺激を与えるとまたげっぷが増えてしまうので、常温の水を飲んでげっぷを抑えるようにしましょう。

・顎を引く
顎を前に出していると、げっぷが出やすくなってしまいます。
顎を引いて気道を狭くすることで、げっぷを抑えることができます。

・姿勢を良くする
姿勢を良くすることで気道を確保することができるので、食べたものをスムーズに食道に運ぶことができ、空気を効果的に体内に流すことができます。
胸を張って姿勢を良くして、空気の逆流を抑えるようにしましょう。

・便秘改善
便秘が続くとガスが溜まりやすくなってしまい、ゲップもが出やすくなってしまいます。
便秘意味の人は、ヨーグルトやプルーン、食物繊維などを摂取して、便秘改善へとみちびくようにしましょう。
規則正しい生活や適度な運動を行うことで、便秘改善へとみちびくことができます。
【毎日げっぷが止まらない場合は】
毎日げっぷが止まらず困っているほどの状態の場合は、専門医に相談をしましょう。
このような人は、要注意です。

・毎日げっぷが多くて止まらない
・げっぷの際にすっぱい感じや苦い感じがある
・げっぷと胸やけが止まらない

このような場合は、何らかの異常によりげっぷが止まらない可能性が考えられます。
呼吸器科や消化器科を受診して、細かく見てもらうようにしましょう。
場合によっては科を回される場合もありますので、総合病院を受診すると良いですよ。
【げっぷの予防方法】
げっぷが止まらない場合は、げっぷの予防方法も効果的です。
このようなげっぷ予防方法で、改善へとみちびいてみましょう。

・食生活の改善
げっぷが止まらない人は、食生活に問題がある可能性があります。
更新料や脂っこい食べ物は控え、早食いや食べ過ぎを控えるようにしましょう。

・運動をする
運動不足は、胃の機能を弱めてしまいます。
自律神経のバランスも悪くなってしまい、ストレスが溜まることでげっぷが出やすくなってしまいます。
適度な運動でOKですので、行ってみましょう。
ウォーキングやストレッチ程度でOKであり、胃腸の機能向上へとみちびくことができますよ。

・姿勢を良くする
姿勢が悪いと消化不良を起こしやすくしてしまい、げっぷの原因となってしまいます。
背筋を伸ばして、姿勢をよくすようにしましょう。

 

福岡市早良区 げっぷの予防方法なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

胃腸の不調について詳しくはこちら

胃腸の不調

この記事に関する関連記事