福岡市早良区 気管支喘息の原因

<慢性の気道炎症から起こる気管支喘息>

20cd476983ec22c07eb186882116e31f_s

発作性の呼吸困難・喘鳴・咳を繰り返す疾患が気管支喘息で、慢性的な炎症が気道に起こって気道の過敏性が亢進することが原因と考えられています。

また、抗原の吸入・運動・感染・ストレスなどが喘息発作の引き金になるのです。

空気の通り道の気管や気管支が急につまって息苦しくなるため、呼吸のたびにゼーゼー・ヒューヒューという音が聞こえます。

さらに呼吸が苦くなると横になっていられなくなって、座らなければ呼吸ができなくなることがありますし、咳や粘着性の強い吐き出しにくい痰も出るのです。

こうした喘息発作は通常一時的なもので気管支拡張薬の吸入などの治療により自然に治まります。

しかし、症状が重い場合には何日も呼吸困難が続いて苦しい思いをすることもありますし、発作が突然に起こって発作と発作の間に症状らしいものがほとんどないことも特徴です。

気道の炎症が慢性的に続くことで気道の壁が肥厚して内腔が狭くなって、こうなると治療をしても気道が拡張しなくなり喘息が難治化してしまいます。

 

<気管支喘息の原因と対策>

a0192adbca43357ff1f74c51532f865a_s

気管支喘息の原因には様々な説があって、代表的なものはアレルギー説・感染説・自律神経失調説・精神身体要因説などです。

ただし、現在でもはっきりした原因は分かっていませんが、近年喘息症状の原因は気道の炎症と考えられるようになっています。

これは患者さんの気道の粘膜に、好酸球・Tリンパ球・肥満細胞を中心とした炎症細胞が集まっていて、これらにより気道に炎症が起こっているからです。

そして気道に慢性の炎症が発生していると、様々な刺激に対して気道の筋肉が過敏に反応して収縮し、それにより呼吸困難・喘鳴・咳などの症状が現れると考えられています。

 

また気道狭窄の原因としては、気道の壁のむくみや気道内の喀痰の存在、気道の壁自体が厚くなることなどが考えられますし、喘息はアトピー型と非アトピー型があるのです。

アトピーとはダニなどの空気中の環境抗原に対して、アレルギー抗体を産生する遺伝的な素因で、アトピー型は肥満細胞上に産生されたIgE抗体が結合して喘息反応が起こります。

非アトピー型は環境抗原以外の原因で喘息が起きるもので、慢性の気道炎症があることや気道過敏性が亢進することについては、アトピー型と非アトピー型では差がないです。

 

その他喘息を悪化させる要因として考えられるのは、激しい運動・ウイルス感染・飲酒・ストレスなどがあげられます。

また、気温の急激な低下や季節の変わり目、たばこや線香の煙の吸入、満腹状態、女性においては月経や妊娠なども喘息発作の誘因になるのです。

それから、稀に解熱鎮痛薬などの薬剤や食物により喘息の発作が誘因されることもあります。

 

気管支喘息の治療は、喘息が慢性の気道炎症から起こることが分かってからは、抗炎症作用が強く副作用の少ない吸入ステロイド薬が中心となっています。

また気道狭窄に対しては、発作寛解薬として気管支拡張薬の吸入薬が有用とされていますし、徐放性テオフィリン薬・経口β2刺激薬・抗アレルギー薬も補助する治療薬として用いられているのです。

 

<常若整骨院での気管支喘息に対するアプローチ>

tokowaka_650

気管支喘息は偶然に起こったわけではありません。

これまでの生活の中で、ご自身に合わない環境・食事・ストレスなどが蓄積された結果、喘息が引き起こされてしまったのです。

 

常若整骨院では、

①生活の中にある原因(ストレス・生活習慣・食事など)を見つけて変えていく

②施術によって回復力が正常にはたらくようにサポートする

この2つを合わせることによって、気管支喘息を改善するお手伝いをしていきます。

 

東洋医学には、すべてのものを木・火・土・金・水の5つの属性に分類する五行論という考え方があります。

気管支喘息があらわれる喉や肺は<金>という要素に属します。

<金>の特徴は、排泄・発散・バリア。

喉や肺以外にも、腸・鼻・皮膚といった身体の部位、そして悲しみや心を閉ざすという感情<金>に属します。

この<金>ラインが乱れることで、気管支喘息が起こりやすくなるといえます。

 

<金>を乱すものとしては、

■甘い物(砂糖・人工甘味料・お菓子・ジュースなど)のとり過ぎ

■白い炭水化物(小麦粉・パン・パスタ・うどん・ラーメン・ピザなど)のとり過ぎ

■乳製品(牛乳・ヨーグルトなど)のとり過ぎ

■お酒やタバコのとり過ぎ

■頭痛薬や風邪薬などの乱用

などの生活習慣が挙げられます。

 

もう一つの大きな要因がストレス

■言いたいことを言えない、吐き出せない

■仕事場や家庭などでリラックスできない、息苦しい環境にいる

■悲しみや寂しさを表現できない、泣けない

■周囲に心を閉ざしている、攻撃的になっている

■人の言いなりになっている

■過保護・過干渉・ネグレクト

こういったストレスが長く続くことで、気管支喘息が起こりやすくなってしまいます。

とくに喘息は<息が苦しい><吐いたり吸ったりが苦しい>という状態なので、リラックスできない息苦しい環境・言いたいことを言えないし吐き出せない、というストレスが大きいかもしれません。

 

こういったご自身に負荷をかけすぎる生活習慣やストレスを、お話をしながら洗い出し、お一人お一人に合わせたアドバイスで改善のお手伝いをしていきます。

同時に、神経・内臓・脳・経絡・筋肉などのうまく動いていない場所に整体で働きかけ、回復力が正常にはたらくようにサポートします。

とくに、気道の開く・閉じるを司る自律神経のはたらきを整えることが気管支喘息の施術においてのキモといえます。

 

 

福岡市早良区 気管支喘息の原因なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 女性 36歳 ムチウチ・ぜんそく、二人の出産で下がった内臓・開いてゆがんだ骨盤が戻りました

お客様写真

―――悩んでいたことは…

ムチウチによる頭痛、首の痛み、腰の痛み、背部の痛み、吐き気

身体のゆがみ、産後の骨盤のゆがみ、内臓が下がっている(おなかぽっこり)

めまい、立ちくらみ、イライラ、アレルギー(鼻炎、ぜんそく)

だるさ、疲れやすさ、カゼをひきやすい

 

―――来て良かったことは…

上記の症状で、様々な病院や整骨院、整体に通ってきたが、1日で症状は再発。

改善してもその時だけで毎日クスリに頼る日々でした。

 

常若整骨院に通いはじめ、症状がウソのように治まっていき、身体が日々変化していくことを感じ、驚いています。

施術中や施術後に、思わず笑ってしまうほどの身体の変化が出る事も多々ありました。

立ち上がった時には、あまりの身体の軽さで後ろにひっくり返りそうになる事が嬉しくてたまりません。

 

―――同じように悩んでいる方へ

長年の不調で忘れていた元気な頃の身体の軽さ、歩き方、姿勢がとれるようになり、本当に感謝しています。

2人の出産で下がった内臓、開いてゆがんだ骨盤も戻り、ムチウチによるくもりや雨の日の頭痛や吐き気、ひどい肩こりも改善しました。

施術前に感じていた不調を忘れるほどです。

生活習慣などの指導も頂き、本当に勉強になりました。

 

いくら話をしても説明しても、体感しないと理解できないと思います。

是非、一度でもだまされたと思って先生の施術を受けてみて下さい!先生との出会いに後悔することはありません!

「え?なんで?どうしてこれだけで良くなってるの!?」

とフシギな体験ができますよ!

 

M・Hさん(30代女性 福岡市 会社員)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

何をするのにも億劫だった腰痛・頭痛が楽になり、原因不明の咳もとまりました

アンケート用紙

———悩んでいたのは…

腰の痛み、頭痛、肩こり

寝てもとれないつかれ、だるさ

———来てよかったことは…

もう何をするにも億劫になっていたのに、回を重ねていくうちに少しずつ気持ちが前向きになってきました。

腰の痛みもよくなってきて、原因のわからなかった咳もとまりました。

体の痛み、精神的なもの…自分が思っている以上に深く関係している事に気づかされました。

———同じように悩んでいる方へ

体の不調がある場合、精神的にもツライはず。

心と体のバランスを整えてみませんか。きっと楽になれると思います。

福岡市 T・Oさん(40代女性・主婦)

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加