福岡市早良区 肝炎の種類

ウイルス感染で発症する肝炎

肝臓の細胞に炎症が発生して肝細胞が壊される病態が肝炎で、その主な原因としてはウイルス・アルコール・自己免疫などがあります。
ウイルスによるものには、A型・B型・C型・D型・E型などがあって、このうちA型とE型は主に水や食べ物を介して感染して、B型・C型・D型は主に血液・体液を介して感染するのです。
日本においてはB型とC型がその多くを占めていて、約210~280万人の患者がいると推測されています。
またウイルスに感染している人は40歳以上の方が約9割程度を占めているのですが、最近B型において若い人の感染も増加しているのです。
ただ感染していても早い段階で検査を受けて、医療機関で適切な治療を受けることにより肝硬変や肝がんといった深刻な症状に進行するのを防ぐことができます。

B型肝炎は、ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染することで発症する病気で、感染経路としては出産時の母親から子への感染する垂直感染とそれ以外の感染の水平感染とがあるのです。
また感染した時期や健康状態によって、一過性感染で終わる場合と6ヶ月以上感染が持続する持続感染に分けられます。
垂直感染(母子感染)とは、出産時に産道で感染したお母さんの血液が赤ちゃんの体内に入ることで感染が起こるもので、1986年以降は母子感染予防対策が行われるようになっています。
それにより出産時での感染はほとんど防げるようになっているのです。
水平感染とは、性的接触・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故などによって感染するものです。
昔は輸血や集団予防接種における注射器の使いまわしや、医療者における針刺し事故による感染があったけれども、輸血血液については1972年以降、集団予防接種では1988年に感染予防対策が取られています。
その為、これらの原因による感染例はほとんどみられなくなってきましたが、現在では性的接触や入れ墨などにおける針の使いまわし、覚せい剤などの注射の回し打ちによる感染者が増えているのです。

一過性感染とは、思春期以降に感染した場合に多く見られるもので、大部分の人ではウイルスが排除されて慢性化することなく一過性で終わります。
ただ発症した人の中には急激に症状が悪化して死亡する例がありますし、近年では欧米型のウイルスによる感染の約10%が慢性化するといった報告もあるのです。
一方の持続感染とは、出産時の感染や乳幼児期に感染した場合に、免疫機能が未熟なためウイルスが排除できない持続感染者となる場合があります。
その持続感染者が思春期から30歳頃になって免疫機能が発達することでウイルスを排除しようとする際に、感染している肝臓の細胞も一緒に壊してしまい発症するのです。
多くの場合は軽い症状ですが、ウイルス感染者の約10~20%は慢性へと進行して、肝硬変や肝がんを発症する人も出てきます。

C型肝炎は感染している人の血液や体液を介してウイルスに感染することで発症する肝臓の病気で、その多くは60歳以上の高齢者です。
しかし近年は若年者にも多くて、感染すると約70%の人が持続感染となって肝硬変や肝がんに進行します。

 

 

【肝炎とは】
肝炎というのは、肝臓に炎症が起きている状態です。
肝臓の細胞が破壊されている状態であり、肝臓に大きな異常が発生している証拠となります。
肝炎は、以下の様な種類があります。

・ウイルス性肝炎
肝炎ウイルスに感染して、肝臓の細胞が壊れる肝炎です。

・薬剤性肝炎
薬剤や毒物、化学物質による肝炎です。

・アルコール性肝炎
アルコールにより発生してしまった、肝炎です。

・自己免疫性肝炎
異物を攻撃する免疫系が自分自身を攻撃してしまうことで発生する、肝炎です。

日本の肝炎の多くは、ウイルス性肝炎と言われています。
肝炎ウイルスの種類は5つあり、肝炎の種類によりこのような内容となります。

・慢性肝炎
慢性肝炎は、B型肝炎やC型肝炎ウイルスによるものが大半です。
長い間軽度の肝障害が発生してしまい、徐々に肝臓が線維化していき、肝硬変や肝臓がんになってしまうことがあります。

・急性肝炎
A型やB型、E型肝炎ウイルスにより、発症することが多い肝炎です。
急速に幹細胞が破壊されるので、発熱や全身倦怠感、黄疸などの症状が発生します。
自然経過で治癒されることが多い肝炎なので、肝炎の中では軽度で安心できる肝炎といえます。

・劇症肝炎
急性肝炎の中で、症状が発生してから8週間以内に高度の肝機能障害を発生させてしまい、脳症などを発生させてしまうことがあります。
集中的な医学管理を必要とし、生存率は30%程度と言われています。
この中で、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの患者さんが多く、感染者も含めると300万人を超えると言われています。

肝炎は、過去に大きな手術を受けたり、妊娠や分娩の際に大量出血をしたことにより感染してしまうことがあります。
感染の不安がある場合は、肝炎の検査を受けてみるといいですよ。
自治体にもよりますが、無料や匿名で検査を受けることができる場合がほとんどです。

肝炎で良く勘違いされてしまっていることといえば、些細なことで感染してしまうと思われていることです。
肝炎は、以下のようなことで感染はしません。

・握手
・隣に座る
・同じコップを使いまわして飲む
・一緒にお風呂に入る
・一緒に食事をする

これらの行動で肝炎感染者から移されてしまうと思っている人も多いようですが、そんなことは一切ありません。
これらの思い込みや過度の危機意識により、肝炎患者やその家族に対する偏見や差別が発生しているようです。
これらでの感染は一切なく、感染予防に対しては正しい知識を持つことが非常に大事となります。
【肝炎は鍼灸治療でも治療が可能】
肝炎になってしまうと完治が難しくなってしまうので、どんな治療を受けても希望がないと思われる人も多くいます。
近年肝炎の方が受けられることが多いのが、鍼灸治療です。
鍼灸による肝炎の治療は、数多くの研究がされています。
そのため、肝炎治療の鍼灸治療を行っている整骨院や接骨院も増えました。
症状が軽くなったなどの声も挙がっているので、気になる人は整骨院や接骨院に相談をしてみるといいですよ。

肝炎は、改善がしにくい厄介な病気です。
鍼治療は症状を軽くしたりなど状態が和らいでいきますので、とてもオススメです。

 

福岡市早良区 肝炎の種類なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加