福岡市早良区 てんかんにより起こる発作

てんかんは乳幼期から高齢期まで幅広く発症する

様々な成因でもたらされる慢性の脳疾患のひとつで、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作を特徴とする疾患がてんかんです。
本来大脳の神経細胞は規則正しいリズムでお互いに調和をして電気的に活動しているのですが、このリズムを持った活動が突然崩れて、激しい電気的な乱れが生じることにより起きます。
このことから、発生する発作は脳の電気的嵐に例えられるのです。
また発作は繰り返しおこることが特徴で、1回だけの発作では一般的に診断をすることはできません。

発症する原因は人によって様々なのですが、大きくは症候性と特発性に分けられて、症候性とは脳に何らかの障害や傷があることによって起こるものです。
一方の特発性は、様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のものになります。
発症年齢は乳幼期から高齢期まで幅広くて、3歳以下の発病が最もおおく約80%は18歳以前に発病すると言われているのです。
たた近年は高齢化に伴って高齢者の脳血管障害などによる発病が増えてきていると言われています。
ちなみに、一部には発病に遺伝子が関係していたり、発作の起こりやすさを受け継いだりするということが分かっているのですが、基本的に遺伝するものではありません。

てんかんにより起こる発作は大きく分けて全般発作と部分発作があって、全般発作とは発作のはじめから、脳全体が電気の嵐に巻き込まれるもので、意識が最初からなくなるという特徴があります。
一方の部分発作は脳のある部分から始まる発作です。
発症率は100人に1人と言われていて、意外と身近な疾患と考えられますが、現在の医療では適切な治療により発作を約70~80%の人がコントロール可能で、多くの人たちは普通に社会生活を送っています。
ただ約2割の人は薬を服用しても発作をコントロールできない状態の難治性と呼ばれるものです。
このことからも分かるように、決して不治の病ではなくて適切に治療することで改善することが可能と言えます。

先にも触れましたが繰り返し起こることが特徴で、その為1回の発作だけでは診断することが困難となります。
また、てんかんの診断は発作の様子を詳しく説明してもらうことが大事になるのですが、多くの患者は発作が始まると意識が障害されることが多いので、自身の発作の状態や状況を説明することは不可能です。
それから発作を医師が目撃することはきわめて稀ですから、発作の状況・状態を知る家族や学校の先生、職場の人といった介助者または目撃者が一緒に診察に行って、医師に発作の状況を正確に伝える必要があります。
その際に同行する目撃者は、発作の記録の要点をおさえて、身ぶりを交えるなどしてなるべく発作の状況について詳しく医師に説明することです。
ただ場合によっては、脳波にどのような波が出ているかで、1回の発作でも診断をつける場合もあります。
ちなみに検査項目としては脳波検査以外にも、CTやMRI検査、PET・SPECT・MGEなどの検査がありますし、血液・尿検査も診断に欠かせない検査です。

【てんかんの症状と原因】
てんかんとは、様々な原因によって発生してしまい慢性の脳疾患です。
大脳の神経細胞というのは、規則正しいリズムによりお互いに調和をキープしながら出来て気に動きます。
てんかんはこのリズムが突然崩れてしまい、激しい電気的な乱れが発生することで症状が出てしまいます。
てんかんは繰り返し発作が起きるので、1回の発作ではてんかんという診断とはなりません。

てんかんになってしまった原因は、主に以下の2つの種類に分けられます。

・症候性てんかん
脳に何らかの障害や傷があることにより、発生してしまうてんかんです。
生まれた時に仮死状態で生まれた場合は、低酸素状態、脳炎、髄膜炎、脳こうそく、脳外傷により発生してしまうと言われています。

・特発性てんかん
いろんな検査をしても異常が全く見つからない、原因不明のてんかんです。

てんかんは、乳幼期から高齢期まで、幅広い年代で発症します。
中でも3歳以下の発病が多く、てんかんの80%は18歳以前に発症することが大半です。
近年は高齢化が進んでいることにより、高齢者の脳血管障害などにより発症してしまうことがあります。
また、てんかんは遺伝性はほぼないと言われています。
一部のてんかんにはあるようですが、その場合は軽度のてんかんで治癒しやすいといわれています。

てんかんの症状は、大きく分けると以下のような2つの症状が発生します。

・全般発作
発作の始まりから膿の全体が電気の嵐の巻き込まれる感じで、意識が最初からなくなってしまう特徴があります。

・部分発作
脳のある部分からはじまる、てんかん発作です。

てんかんは、不治の病ではありません。
100人に1人がなる症状であり、日本全国には100万人のてんかん患者がいます。
現代の医療では、適切な治療により70~80%の患者さんのコントロールが可能となっていると言われています。
ほとんどの方々が、普通に社会生活を送ることができています。
残りの2割の人は、薬で治療をしてもコントロールできないケースです。
【てんかんの治療方法】
てんかんの治療は、主に以下のような治療を行っていきます。

・薬物療法
抗てんかん薬により、症状を抑えていく治療です。
抗てんかん薬により、脳の神経細胞の電気的な興奮を抑えたり、興奮が他の神経細胞に伝わらないようにし、発作の症状を抑えていきます。
症状をきちんと押さえるためには、勝手に服薬を中断せずに飲み続けていくことが大事となります。
発作が消失している期間が子供で2~3年、大人で5年以上続いている場合は、ゆっくりと薬の量を減らしていきます。
その後、服薬を中止したことで発作の再発がない場合は、てんかん治癒ということになります。

・手術療法
薬物療法によりてんかん発作が抑制されない場合は、外科手術を検討します。

てんかんは、鍼灸治療も高い効果の期待ができます。
てんかんの原因を掴んで、転換が起きている脳のエリアに鍼を刺して、脳の興奮状態を抑えて体や膿への血流を改善へとみちびきます。
発作の規模を小さくしたり発作の回数を減らすことができると、大変注目されています。
てんかんは、100%完全に治るまで時間がかかってしまいます。
薬物療法と併用して鍼灸療法も受けて、症状改善へと務めるようにしましょう。

福岡市早良区 てんかんにより起こる発作なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加