福岡市早良区 夜泣き対策

いろいろと試してピッタリの夜泣き対策を

日本の育児書などにおいて、夜間に生後半年頃から1歳半ぐらいの赤ちゃんが理由の分からなく泣くことを夜泣きと説明しています。
それは、昼間は元気に遊んでいて寝る前までは機嫌が良かったのに、夜中になって急に泣きだし何をしても泣き止まないという状態が、この時期の赤ちゃんに見受けられるからです。
しかし、始まる月齢や続く期間・時間帯なども赤ちゃんによって異なりますし、ほとんど夜泣きの時期がないという子もいるように、これといった定義がないのも確かです。
人間は夜の間に浅い眠りと深い眠りを繰返しますが、その睡眠サイクルが赤ちゃんは未熟なため、浅い眠りの時に目が覚めてしまうという説があります。
また、知能の発達と共に昼間の様々な経験が夢になって、それを見ている時に泣き出してしまうとも考えられているのです。
このように、体に不快や異変が見られないのに夜間に泣く原因には様々な説がありますが、残念ながらまだはっきりとは分かっていないため、決定的な解決策もなくて困り果てる親も少なくありません。

では、どのように夜泣きと向き合えば良いのかというと、まずはお母さんひとりでがんばりすぎないで、そのうち必ずおさまると肩の力を抜くことです。
また、先にも触れましたが原因ははっきりと分かっていなくて、赤ちゃんの成長に関係する生理的なものではないかと言われています。
ですから昼間のスキンシップが足りないなど、自分の育児法や接し方に問題があると考えないことが大事です。
早寝早起きをして昼間によく遊ばせるといった生活リズムを整えることは大切なことですが、それを実行したからといって治まるわけではありません。
自分のせいにして責任を感じたり、思うようにいかないからと落胆したりし過ぎないことです。

ただ何の対策もしないとお母さんも睡眠不足になって体調を崩してしまう可能性があるので、いろいろと対策を試みてみることも必要です。
こうすれば泣きやませることができるといった確実な方法はありませんが、お母さんなりにいろいろと試してみると赤ちゃんが寝入ってしまうことも少なくありません。
夜に限らず泣いている赤ちゃんを落ち着かせるには、ママはここよと話しかけながら、抱っこして安心させてあげると良いです。
またおっぱいが好きな赤ちゃんなら泣いたらまずおっぱいという方法で、安心させることで落ち着くこともあります。
それから、普段から聞きなれているベッドメリーの音や、携帯電話の着メロなど赤ちゃんの気を引く音をタイミング良く聞かせることも、場合によっては対策になることもあるのです。
もし泣き続けて手が付けられない状態の時には、いったん部屋の明かりをつけて完全に赤ちゃんを起こしてしまうこともひとつの選択肢としてあります。
少し遊んで気分を変えてから、もう一度寝かしつけるほうが早いこともあるのですが、毎日ではお母さんも大変ですから最後の手段として考えましょう。
このようなことを試してみて、夜泣き対策としてピッタリくるものを探してみると良いです。

 

福岡市早良区 夜泣き対策なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加