福岡市早良区 熱性けいれんの正しい知識

熱性けいれんは正しい知識を持って冷静に対処することが大事

生後6ヶ月~5歳の乳幼児期に発症することが多くて、38℃以上の発熱に伴って起きるけいれんのことを熱性けいれんと言います。
発熱していた子供が突然ブルブルとけいれんをはじめることから、ひきつけとも呼ばれることもあるのです。
発生する原因は、風邪や感染症などで体温が急激に上昇することで、脳がけいれんを起こしやすい状態になるためと考えられています。
ただ熱が上がるとどうしてけいれんが起きやすくなるのかに関しては詳しいことは分かっていませんが、発達途中の子供の脳は高い熱に鋭く反応するからとも考えられています。
また、発症しやすいという体質もあって、家族に発症した人がいると発症しやすいと言われていますが、家族に発症した人がいたとしても必ずしも発症するわけではないのです。

熱性けいれんには、単純型と複雑型の2種類があって、ほとんどが単純型で複雑型は約1割程度と言われています。
単純型は良性で後遺症が残ることはほとんどなく自然と治りますが、複雑型は後にてんかんが発症する可能性があるため、場合によっては治療が必要となるのです。
その為、発生した時には複雑型かどうかを見極めることが重要で、その判断はけいれんの様子・時間・回数などがポイントとなります。
具体的には、全身でけいれんしないで体の一部か左右非対称のけいれんが起きる、発作が15分以上持続する、24時間以内か発熱中にけいれん発作を数回にわたって再発するといったいずれか1つでもみられる場合は複雑型となります。
複雑型が疑われる場合は検査を受けることが推奨されて、どれにも当てはまらなければ単純型です。
単純型の場合には、正しい対処をすることで後に大きな後遺症を負う危険性が少ないため、大きな心配をする必要はありません。
ただ子供が突然けいれんを起こして意識を失ったりしたら驚いてしまう親は少なくありません。
しかし、正しい知識を持っていれば冷静に対処することができるので、どのような対処法を実践すると良いのかを知っておくと役立ちます。

熱性けいれんを発生した時の対処法は、首の周辺を締め付けないように衣服を緩めて、抱きかかえずに平らなところに寝かせます。
嘔吐や口の中に固形物がある時には、顔を左に向けて吐いた物が気道に詰まらないようにして、口や鼻の周りの吐物を拭きとります。
診察時に備えてけいれんの様子や持続時間、体温などを確認しておくことも大切ですし、余裕があるのなら動画などを撮影することも診察時の鑑別に役立つのでおすすめです。
一方発生した時にしてはいけないことは、刺激となってけいれんが長引く場合があるので、大声で名前を呼んだり体を揺すったりしないことです。
また舌を噛むことはほとんどありませんし、けいれん時は噛む力がかなり強くケガをする恐れもあるため、舌を噛まないようにと口の中に物を入れないことです。
いざという時のために、このようなことをしっかりと理解して、冷静に対処することをおすすめします。

【熱性けいれんの症状と原因】
熱性けいれんというのは、38度以上の熱が出る時に起こってしまうけいれんのことを指します。
日本の子供の7%が発生してしまう症状と言われており、決して珍しい症状ではありません。
特に生後6か月~3歳までの子供に多く発症し、6歳を過ぎるとほとんど発生しなくなります。
熱性けいれんになると、半分以上は1回きりで治まります。
しかし、半分程度のお子さんは繰り返すこともあるといわれています。
そのため、1度熱性けいれんになると注意すべきといえます。

熱性けいれんが発症すると、以下のような症状が発生してしまいます。

・体を硬直させる
・白目をむく
・手足をバタバタさせる
・アゴがガクガク震える

このような症状が発生し、このうちの1つの症状しか出ない場合もあれば、複数の症状が発生してしまうこともあります。
特に気を付けたいのが、1度の発熱で複数回のけいれんを起こす場合です。
この場合は意識が戻りやすくなることもあり、37度台の低い発熱でもけいれんを起こしてしまう場合もあります。
後遺症が残ってしまったり、年齢が上がってもけいれんがおきやすい傾向があり、厄介な状態となってしまうこともあります。

遺伝性は全くないとはいえず、親がけいれんの既往がある場合は子供にも発症してしまうことがあるようです。
完全な遺伝ではないのですが、体質が似ることにより発症リスクが発生してしまうようです。
そのため、親にけいれんの既往がある場合は、子供も発症してしまう恐れがあると捉えておくことは大事といえます。

熱性けいれんかなと思ったら、すぐに救急車を呼んで早く専門医に診てもらうことが大事となります。
その場合は、以下のことに注意して救急車が来るまで待ちましょう。

・発作が来ている時間や状態を確認する
・首が苦しくならないように、衣服を緩めてあげる
・けいれんの左右のさがあるかを確認する
・体温を確認する
・声をかけない

熱性けいれんが発生した場合は、周りが焦らず対応することが大事となります。
冷静になって対応をしてあげて、観察をするようにしましょう。
【熱性けいれんの治療】
熱性けいれんの治療は、薬で熱を下げることの治療を行います。
また、軽度な熱性けいれんの場合は、けいれん発作の再発を予防する投薬はせず、長時間続く重症のてんかんの場合は症状に見合った投薬で治療を行います。

・鍼灸治療
熱性けいれんになるお子さんの共通点は、腸が弱いお子さんや頭から首にかけて硬いお子さんです。
この2つを鍼灸治療で改善することで、熱性けいれんになりにくい体質になることができます。
鍼治療は痛くないので、お子さんでも問題なく受けることができます。
中には寝てしまうお子さんもいるほどですので、安心して受けることができますよ。

親にとって、子供の不調は見ていて辛いものです。
熱性けいれんは悪化してしまうと厄介ですので、症状が出たら冷静に対応して専門医の治療を受けるようにしましょう。

 

福岡市早良区 熱性けいれんの正しい知識なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加