福岡市早良区 おねしょ(夜尿症)改善方法

7467053d9d675fb287e9bb9a6c97b1cd_s
おねしょ(夜尿症)とは、夜寝ている間に無意識に排尿してしまう状態です。

おねしょと夜尿症は同じ意味であり、発症する年齢によって呼び名が違います。

幼児期の状態をおねしょといい、小学校入学以降は夜尿症といいます。

5~6歳になっても夜尿が続く場合、積極的な生活指導やお薬による治療などの適切な対策を取った方が良いという意味も込めて、夜尿症と言われているようです。

 

生まれてから2歳までの子供は、毎晩夜尿をします。

夜尿の割合は年齢を増すごとにどんどん減っていき、2~3歳児ではその2分の1~3分の1、4歳児ではその4分の1のお子さんが夜尿をしています。

5~6歳で約15%、小学校低悪念で約8%、小学校高学年で約5%に夜尿症が見受けられます。

12歳を過ぎると、ほとんど消滅していきます。

場合によっては、大人になってからも夜尿症が見られる場合もあります。

大人の夜尿症は、0.1~0.3%程度あるそうです。

 

【おねしょ(夜尿症)の原因)

child_4

おねしょ(夜尿症)の原因は様々言われており、子供の性格の問題や保護者の育て方と言われたりしますが、これは間違いといわれています。

おねしょ(夜尿症)の原因は、これらが挙げられます。

 

・夜間の尿の量が多い

・夜間の膀胱容量が小さい

・睡眠障害

・心理的ストレス

・膀胱や腎臓の機能的問題

 

これらが、挙げられます。

中でも、夜間の尿量の多さと夜間の膀胱容量の小ささの原因が大半となっています。

これらの原因に対しては、このようなポイントに目を向けてみましょう。

 

・夜間の尿量が多い

夜間の尿量が多い場合は、夕方以降の水分摂取量が多いことが原因です。

夕方以降に水分摂取量が適量であっても、夜間の量が多い子供もいます。

これは夜間の尿量をコントロールするしか方法がないので、抗利尿ホルモンが重要となります。

抗利尿ホルモンは脳から分泌されるホルモンであり、昼間少なく夜多い傾向があります。

そのため、夜作られる尿の量は昼間よりも多くなってしまいます。

抗利尿ホルモンは、通常は成長と共に分泌が整っていいます。

しかし、おねしょ(夜尿症)の子は夜だけ抗利尿ホルモンの出方が良くないので、夜間の尿量が多くなってしまい、オーバーフローしておねしょとしてしまうのです。

 

・夜間の膀胱容量が未熟

夜間の膀胱機能は、子供の時に成長と伴って発達していきます。

そのため、夜間は昼間の1回の尿量の1.5倍から2倍は溜めることができます。

しかし、おねしょ(夜尿症)の子は膀胱の発達が未発達であるがために、膀胱が小さい場合があります。

また、膀胱の希望も万全ではなく、寝る前に排尿したにもかかわらず全部出せておらず、膀胱が空っぽになっていないことにより、夜間膀胱がオーバーフローしてしまいおねしょ(夜尿症)としてしまうことがあります。

 

・睡眠の影響

尿意を感じると、通常は目覚めてトイレにいきます。

しかし、おねしょ(夜尿症)の子は目覚めない傾向があり、膀胱がオーバーフローしてしまいおねしょ(夜尿症)としてしまいます。

子供はぐっすり寝ていることで尿意に気付かないことがあるのですが、それは年齢を増していくことで正常になっていくものです。

おねしょ(夜尿症)の子は寝ている時に尿意を感じにくいようで、気づかずおねしょ(夜尿症)としてしまうようです。

 

・ストレス

納まったおねしょ(夜尿症)がまた復活した場合は、ストレスが原因の場合が大半です。7

強いストレスがかかることで自律神経の働きが鈍くなってしまい、夜尿の原因となると言われています。

 

・膀胱や腎臓に何らかの問題がある

おねしょ(夜尿症)の場合は、膀胱や腎臓に何らかの問題が起きている場合もあります。

昼間も尿が漏れてしまう場合は、器質的異常が考えられます。

【おねしょ(夜尿症)は改善するの?)

おねしょ(夜尿症)があまりにも改善しないと、不安になりますよね。

おねしょ(夜尿症)は、そのうち治るものといわれています。

焦るとストレストなってしまいますので、根気よく対応して改善へとみちびきましょう。

 

多くの場合は。12歳を過ぎるころにはおねしょ(夜尿症)は亡くなることが大半です。

もちろん、その後も続くことはありますが、その場合は明らかに頻度は少なくなります。

 

おねしょ(夜尿症)というのは、年齢が高くなってからも発症している場合は、自信喪失につながってしまいます。

そのため、ある程度の年齢になっても改善しない場合は、治療を受けた方が良いといえます。

 

【おねしょ(夜尿症)改善方法)

cd095409229e60b5332a3f4b5f32f7f0_s

おねしょ(夜尿症)には、様々な治療方法があります。

このようなポイントで、改善へとみちびいてみましょう。

 

・生活改善

水分や塩分の摂取量を減らし、摂取時間の見直しを行い、就寝前のトイレ、規則正しいリズムの生活などを行っていきます。

また、冷え性もおねしょ(夜尿症)の大きな原因となるので、体の冷えは改善させるようにしましょう。

 

・薬物量標

抗利尿ホルモン薬や抗コリン薬、三環系抗うつ薬、漢方薬などを用いて改善へとみちびきます。

 

・アラーム療法

パンツに水分を完治するセンサーを取り付けて、アラームが鳴ることで寝ている間の夜尿に気付かせる方法です。

本人が夜尿状態にリアルに気づくことで、自覚による改善へとみちびく方法です。

 

【おねしょ(夜尿症)の子をしかってはいけない)

oyako_1

よく、おねしょ(夜尿症)をしたことに対して、怒る親がいます。

しかし、怒っても改善しません。

怒られることがストレスとなってしまい、より改善しにくくなってしまいます。

 

おねしょ(夜尿症)の子供には、おねしょ(夜尿症)は必ず治るものだと安心させてあげましょう。

安心させてあげることで気持ちに余裕ができて、おねしょ(夜尿症)の改善が期待できます。

おねしょ(夜尿症)というのは、家族のサポートがとても大事となります。

子供を1人放置せず、親も一丸となって一緒に考えて取り組むようにしましょう。

そうすることで、子供も自分で治そうと思う気を起こしてくれます。

 

 

福岡市早良区 おねしょ(夜尿症)改善方法なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加