福岡市早良区 気管支喘息となる原因

【気管支喘息とは】
気管支喘息というのは、気道現象を起こしている状態です。
喘息を持っている人の気道というのは、症状が発生していない時でも常に炎症を起こしてします。
そのため、健康な人と比べると常に気道が狭くなっており、空気が通りにくい状態となっています。
炎症が発生している気道はとても敏感になっており、正常な軌道なら全く問題ないホコリやタバコ、ストレスなどのほんのわずかな刺激によって狭くなってしまい、発作が発生してしまいます。

気管支喘息というのは、現代の方に増えている症状です。
1960年代は子供も大人も1%前後しかいませんでしたが、近年の調査では子供が約6%であり、大人が約約3%となっております。
全体で400万人を超えており、とても患者さんの数が多くなっていることがわかります。
近年患者さんが増えてしまった原因は、アレルゲンの増加や排気ガス、工場排煙などの大気汚染、食品や住宅建材の化学物質、ストレス、清潔すぎる環境などの影響により、気管支喘息が多くなったと言われています。
【気管支喘息の症状とは】
気管支喘息の症状は、様々あります。
このような症状が起きている場合、気管支喘息の可能性が考えられます。

・咳やタンが出る
・息苦しい
・ゼーゼー、ヒューヒューなどの喘鳴が切る
・夜や早朝などに症状が出る
・喘息の症状で夜中目が覚めてしまう
・走ったり運動した後に息苦しくなる

これらは気管支喘息の症状であり、これらの症状が続いている場合は、1度専門医を受信しましょう。
気管支喘息は内科ですので、内科でご相談をしましょう。
場合によっては違う科に回される場合もあるので、総合病院に行くと間違いないでしょう。

治療せずに放置しておくと、気道の炎症が悪化してしまうので、発作の頻度が増えてしまったり症状が重くなってしまいます。
夜間や早朝などの発作が酷くなってしまい、耐えられないほどの症状となってしまうこともあります。
そのため、おかしいなと思ったらすぐに病院へ行きましょう。
【気管支喘息はどんな時になりやすいのか】
気管支喘息の発作は、夜間や早朝に発生することが大半です。
そのほか、これらのタイミングに発生しやすい傾向があります。

・夜間から総量
・季節の変わり目
・気温差の激しい時
・天気が良くない時
・天気が変わりやすい時
・疲れが溜まっている時
・風邪をひいている時
・タバコの煙やお線香の煙など発作を引き起こす原因に触れてしまった時

これらの時に発作が発生する可能性が高いので、これらのタイミングに注意して過ごすようにしましょう。

また、気管支喘息になる人には、気道の炎症が起きてしまう原因があります。
何かの刺激により発生している証拠となるので、その原因を把握することも非常に大事となります。
気管支喘息となる原因を突き止めて、それらを除外することも考えましょう。

・ダニ
・ハウスダスト
・ペット
・住宅建材
・花粉
・カビ
・タバコ
・薬
・風邪
・感染症
・ストレス
・過労
・運動
・汚れた空気
・天気の変化
・気圧の変化

など、これらが原因となっていることが大半です。
何に反応しているのかを確かめて、それらを除外するようにしましょう。
これらのどれが気管支喘息に影響を与えているのか、よく考えてみましょう。
【気管支喘息の検査方法】
気管支喘息か確かめるために、病院では検査を行うことが大半です。
このような検査で、気管支喘息かを確かめます。

・皮膚反応テスト
アレルギー反応を調べます。

・血液検査
血液の中にある、アレルギー関連物質を調べます。

・吸入誘発テスト
血液検査で陽性反応が出た場合、アレルゲンエキスを吸入して発作が起こるかを調べます。

・気道の状態を調べる検査
胸部X線検査、呼吸機能検査、喀痰検査、気道過敏検査などを行います。

診察の際のポイントは、発作の際の症状や、小児ぜんそくやアレルギーの既往の有無、家族歴、職業歴、喫煙歴、ペットの飼育などの診察もおこないます。
【気管支喘息の治療方法】
気管支喘息の治療方法の大半は、薬物療法で行っていきます。
長期間利益や発作治療薬の2種類を処方してもらい、改善へとみちびきます。
錠剤の内服薬や吸入ステロイド薬を使って、症状をやわらげていきます。
ほとんどの場合、この薬物療法でかなり楽になっていきます。
気管が広がって楽になっていくので、さっきまで辛かった症状も弱まっていきます。
【気管支喘息の発作喘息を抑えるためには】
気管支喘息は、自己管理で症状を抑えていくことも可能です。
気管支喘息の発作を抑えるためには、これらのことに気を付けて生活をしましょう。

・喘息日誌をつける
1番大事なのは、喘息日誌をつけることです。
発作の状況や薬の頻度、治療の記録を付けることです。
喘息記録を付けることで、何のきっかけで発作が起きているのかを把握しやしく、薬の飲み忘れを防ぐ効果があります。
また、医師に相談をする際に状態を報告しますが、その際にも役立てることができます。

・生活環境を見直す
気管支喘息は、自己管理で症状を抑えていくことも可能です。
今の生活を今一度見直しをして、改善をしていきましょう。
家の中をこまめに掃除してハウスダストを減らしましょう。
絨毯や布製のソファなど、ダニの温床になりやすい布製の製品は無くすようにしましょう。

・ストレスを溜めない
過剰なストレスは、気管支喘息の大きな原因となってしまいます。
ストレスは溜めこまないようにして、上手く発散していくようにしましょう。
自分の時間を取って、趣味の時間などを充実すると良いでしょう。
ストレスは溜めない訳にはいかないので、いかに上手く発散するかが大事となります。

・アルコールやタバコを控える
アルコールやタバコは、気管支喘息の大きな原因となります。
炎症が悪化してしまうので、極力控えるようにしましょう。

気管支喘息を悪化させないためにも、発作の要因を避けることは非常に大事となります。
自分の努力が気管支喘息の状態を楽にするので、是非改善へと目を向けるようにしましょう。

 

福岡市早良区 気管支喘息となる原因なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加