どれくらい通ったら良くなりますか?

写真

お体の状態にもよりますが、最初は特に間隔を詰めて3回、その後回復具合を見ながら数日おきというふうに間をあけてゆき、だいたい6回くらいを目安にご提案しています。

捻挫・ギックリ腰などの急な痛みや
お子さんの便秘・夜泣きなどの症状は回復は早いですが、

アトピー・ぜんそく・不眠・うつ病などの
長い期間かけて出来上がった症状はある程度の期間・回数が必要です。

今、あなたのお体は「痛みのある、今の状態が正常だ」と思い込んでいます。

1度の施術で50%の痛みを取り除いたとして、お体は「痛みが軽減した、これは異常だ」と判断し、痛みのある状態へ体を戻そうとします。

施術を受けたその日は身体がラクだったけど、翌日には戻ってしまった、という経験はありませんか?

この機能をホメオスタシス(恒常性)といいます。

ホメオスタシスは体温の保持などを行う大切なシステムですが、「痛い状態が正常」と思い込まれたままでは困ってしまいますね。

そこで、ホメオスタシスが痛みのある状態へ戻してしまう前に「痛みのない状態が正常だ」と教えてやる必要が出てきます。

まずは3回「痛みのない状態が正常なんだよ」と身体に教えるための短期集中施術を行います。

その後「この状態が正常なんだな」と納得している時間を伸ばすため、徐々に施術間隔をあけていきます。

一般に、70%ほどまで回復すると、ホメオスタシスは「快適な、今の状態が正常」と思ってくれるようになります。

こうなればしめたもの。ちょっとくらいの負担がかかっても、「痛いぞ、これは異常だ」と、快適な状態へ自然と戻してくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加