感情が不安定な原因は整体・セルフケアで解決

やけに喜び過ぎたり、落ち込み過ぎたり、怒り過ぎたり、

自分で感情のコントロールが出来ない事ないでしょうか?
そういう時は心身の調子が落ちている可能性があります。

コントロール出来ない長期間続くと自律神経失調症やうつ病やパニック障害などの症状になっていきます。

仕事・家事での疲れ、休みが取れていない、食生活の偏り、ストレス

など思い当たることないでしょうか?

 

初期の頃はすぐに寝たら調子が戻るのですが、

徐々に蓄積していき内臓や神経が疲れ処理能力が落ちていき

寝ても疲れが取れなくなってきます。(ここら辺が感情のコントロールが出来ない状態)

それが過ぎると疲れが当たり前の状態になってきて、

身体の感覚が麻痺してきます。

この状態になると症状が悪化してすごい痛みや症状ではないと気づかないようになります。

当院にはこの状態になってしまっている方が多く来院されます。

(ここまでくると自律神経失調症やうつ病・パニック障害になっていることが多い)

 

感情に影響を及ぼすのは

東洋医学的に腎経(生命力、恐怖で落ちる)・心経(メンタル、ストレス・疲労で落ちる)

が調子悪いとき感情のコントロールがしにくくなってきます。

 

なぜこのような状態になってしまったのか?
をカウンセリングで聞き、整体・セルフケアで
徐々に感覚を正常に戻していき、

寝たら元気になることを目指していきます。

 

 

 

常若整骨院

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3