福岡市早良区 アトピー性皮膚炎の対処

【アトピー性皮膚炎とは】
アトピー性皮膚炎アレルギー反応と関連があるもののうち、皮膚の炎症を伴う皮膚炎です。
症状が良くなったり悪くなったりする、非常に厄介な皮膚炎です。
元々、アレルギーを起こしやすい体質の人や、肌のバリア機能が弱い人に発症することが多い傾向があります。
なかなか改善しない慢性的な傾向が特徴であり、一般的には半年以上続くと慢性と判断されます。

このような湿疹が出ている場合は、アトピー性皮膚炎が疑えます。

・赤みがある
・じゅくじゅくしており、かくと液体が出てくる
・ささくれ立って、皮がむける
・ごわごわ硬くなって皮膚が盛り上がる

また、アトピー性皮膚炎は、このような部位に発生しやすい傾向があります。

・手足の関節の内側
・首
・ワキ
・おでこ
・指
・目のまわり
・口のまわり

アトピー性皮膚炎はアレルギーを起こしやすい人が発症する傾向があり、このようなアレルギーを持っている人、若しくはその環境の場合発症する場合が大半です。
【アトピー性皮膚炎の原因】
アトピー性皮膚炎の原因は、お肌のバリア機能の異常と免疫の過剰反応により発症してしまうと言われています。
アトピー性皮膚炎は、体の外から侵入してきた的に対し過剰に戦う傾向があり、本来退治すべきではないものまでも退治してしまう傾向があります。
それにより必要のない炎症が起きてしまい、アトピー性皮膚炎の症状が発症してしまいます。

また、このような物の影響によっても、アトピー性皮膚炎を発症させたり長引かせてしまうことがあります。

・ハウスダスト
花粉やカビ、糸くず、ダニ、動物のふけ、砂ぼこりなど

・皮膚への刺激
皮膚を必要以上にかいたり触れてしまうことによる、刺激

・化学薬品
化粧品や石鹸、シャンプーなどの、化学薬品による影響

・紫外線などの外的刺激
紫外線、汗、悲憤汚れなど
【アトピー性皮膚炎と併発しやすい病気と重要な合併症】
アトピー性皮膚炎はアレルギーの病気ですので、場合によっては他の病気を併発してしまうことがあります。
どのような病気があるのか、ご紹介していきます。

・気管支喘息
・アレルギー性鼻炎
・アレルギギー性結膜炎
・春季カタル

また、このような合併症も発症してしまう場合があります。

・白内障
・網膜剥離
・カポジー水痘様発疹症
・伝染性軟属腫
・伝染性膿痂疹

このような、恐ろしい病気へと発展してしまうことがあります。
たかがアトピー性皮膚炎と思っていると大変なことになってしまうので、早めに改善することが非常に大事となります。
【アトピー性皮膚炎の対処方法】
アトピー性皮膚炎になったら、医療機関で治療を受けることが大事となります。
それと並行して、自分ができるケアも実施していきましょう。
このような対処方法で、アトピー性皮膚炎を悪化させずに済みます。

・かかない
アトピー性皮膚炎は強いかゆみに襲われるので、患部をかきたくなってしまいますよね。
患部をかきむしってしまうと、バリア機能の低下を招いてしまい症状が悪化してしまいます。
肌はできるだけかかないようにして、かゆい場合は冷やして治めるようにしましょう。
チクチクする衣服など、かゆみを発生する衣服などは控えるようにしましょう。

・爪を短く切る
かくのを我慢するといっても、無意識にかいてしまうことがあります。
その際に肌が傷ついて症状が悪化しないためにも、常に爪は短く切っておくようにしましょう。
爪を短く切ることで指先の清潔を保つことができるので、かいてもばい菌を患部に付着させずに済みます。

・熱いお風呂に入らない
患部を熱くすると、かゆみがさらに増してしまいます。
湯船やシャワーの温度は、低めの温度設定で使うようにしましょう。
また、患部の清潔さは非常に大事ですが、症状が悪化している場合はこすって洗うことは良くありません。
患部が悪化している場合は専門医に相談をして、どのように清潔にしていけばいいのかを相談しましょう。

・室内を清潔にする
室内の清潔さは、アトピー性皮膚炎にとても大きく影響を与えます。
ほこりやゴミ、ダニなどは、アトピー性皮膚炎の天敵だからです。
こまめに部屋の掃除をして、部屋を清潔に保ちましょう。
空気清浄機は室内の空気をクリーンにしてくれるので、とても効果的です。

・睡眠をきちんととる
寝不足はアトピー性皮膚炎症状悪化へとつなげてしまうので、よくありません。
夜更かしや朝寝坊などは控えるようにして、生活リズムを整えるようにしましょう。
質の良い睡眠が大事となり、22時~2時のお肌のゴールデンタイムには熟睡できるように心がけましょう。
そのためには、最低でも0時にはお布団に入って寝るようにしましょう。

・ストレスを溜めない
ストレスは、アトピー性皮膚炎に大きな影響を与えます。
ストレスがたまるとかゆさが増してしまい、さらにかきむしってしまい症状悪化へとつなげてしまうからです。
リラックスできる時間を過ごすようにして、上手くストレスを発散していきましょう。
【アトピー性皮膚炎は整骨院や接骨院での治療も効果的】
アトピー性皮膚炎は、整骨院や接骨院での治療もとても効果的です。

整骨院や接骨院での治療は、施術により血液の循環を良くして、免疫力を高めて自然治癒力を高めて、抵抗力を高めることができます。
その効果により、アトピー性皮膚炎を改善へとみちびくことができます。

整骨院や接骨院での治療は、触れているか触れていないか程度の優しい施術を行いますので、バキボキとした乱暴な施術は一切行いません。
そのため、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の方でも施術を受けることができます。
薬を使わず改善へとみちびくことができますので、薬の副作用が嫌だという人には、整骨院や接骨院での治療がオススメです。

アトピー性皮膚炎の整体治療は、体質改善によって改善へとみちびく方法です。
新しい細胞が生まれて改善へとみちびくので、そのためには3カ月~6か月程かかってしまいます。
長くかかってしまうように感じるかもしれませんが、症状が楽になっていきます。
辛いアトピー性皮膚炎の改善のために、是非目を向けてみませんか。

 

福岡市早良区 アトピー性皮膚炎の対処なら、「常若整骨院」にお任せください。

※あくまで健康豆知識であり、内容を保証するものではありません