福岡市早良区 日本線維筋痛症学会

線維筋痛症は以前から存在していた病気

体の広い範囲に発生する激しい慢性の疼痛とこわばり、激しい疲労や倦怠感・頭痛・頭重感・抑うつ気分・不安感や不眠など様々な自覚症状を伴うのが線維筋痛症です。
新しい病気と考える方も少なくないですが、別な病名で呼ばれていたものを統一したので、以前から存在していた病気なのです。
先に触れた自覚症状はあるのですが、様々な検査をしても明らかな異常が認められない原因不明で高い難治性の病気です。
日本では約200万人の患者がいると言われていて、男女比は1対5~8で年齢は30~50代と中年女性にシフトしています。
類似の病気として慢性疲労症候群があって、両者は互いに合併しやすく約3分の1に慢性疲労症候群の合併がみられるといわれています。

原因については、先にも述べたように残念ながら現在のところ不明です。
ただ痛みの原因は神経障害性疼痛のひとつと考えられていて、痛みを伝える神経が異常に活動することで、わずかな刺激でも痛みを過剰に感じる状態によるとされています。
また、手術・けが・強い身体的ストレスや精神的ストレスなどが発病のきっかけになりますし、日常生活の大きな出来事が病気の経過に対して影響を与えると考えられています。
症状の現れ方は、思い当たる原因がないのにしつこい痛みが起こって、やがてはその痛みが体の様々な部分に広がると共に、激しい疲労感や落ち込んだ気分などが起こります。
また、不安感・口や目の渇き・頭痛・頭重感・不眠・めまい・下痢や便秘・しびれ・関節痛・全身のこわばりなど、本当に多彩な症状を伴うといった特徴があります。
それから、リウマチなど他の病気に付随して起こってくることもあるのです。

治療の方法ですが、欧米では古くから知られている病気なので、様々な薬物療法と非薬物療法が実施されてきました。
薬物療法では、神経障害性疼痛にも有効と考えられることから、各種抗うつ薬と新型抗てんかん薬が用いられます。
また、抗不安薬や睡眠調整薬が併用されることもあって、日本ではノイロトロピンが基礎薬物として使用されていますが、通常の鎮痛薬は無効で麻薬などは限界があるとされています。
一方非薬物療法では精神療法としての認知行動療法、また有酸素運動が有効と考えられて実施されています。
その他には、鍼灸・整体・ヨガ・気功・マッサージなども有効と考えられていますが、見解については一定していません。
こうした治療を受けるに当たってまず重要なことは、確実な診断と病気を理解し受け入れることで、この点をしっかりと認識しておく必要があります。

思い当たる原因がないのに体の様々な部分に3ヶ月以上痛みがあって、しかしも疲労感や落ち込んだ気分など、痛み以外の症状もみられ病気と気づいたら、迷うことなく病院を受診することです。
また、日本線維筋痛症学会に相談して見るのも一つの選択肢です。
それから日常生活をする上で注意したいことは、過度の安静は逆に病状を悪化させてしまう可能性があるということで、その為できる限り体を動かすことが大切です。
しかし翌日にまで疲労が残るのは良くないので、無理のない範囲での適度な運動が大切と理解しておくと良いです。

 

福岡市早良区 日本線維筋痛症学会なら、「常若整骨院」にお任せください。

福岡市 早良区 整体について詳しくはこちら

福岡市 早良区 整体

福岡市 早良区 整体に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加