書籍<自律神経療法の教科書>本日発売です!

book_cover_4

こんにちは。受付の明子です。

常若整骨院で行っているカウンセリング・検査・施術・セルフケアアドバイスなどをギュギュッと詰め込んだ書籍<自律神経療法の教科書>。

本日8月23日に、無事発売となりました~!

ネット書店でご予約下さっていた方々から「届きました!」のご報告もチラホラ頂いております♪

本当にありがとうございます!

 

Amazon他、楽天ブックスでも取り扱って下さっているそうです。

ありがたやありがたや(*˘人˘*)

<自律神経療法の教科書>Amazon予約ページはこちら

<自律神経療法の教科書>楽天ブックス予約ページはこちら

 

内容はこんな感じ!

book_kensa2

内容はというと…

 

***

 

はじめに

 

■〈理論編〉自律神経を整えるエネルギー調整とは?

第1章 自律神経のはたらきと自律神経失調症

・自律神経の仕事=生命活動の維持

・交感神経と副交感神経

・自律神経にダメージを与えるもの

・自律神経は心と身体をつなぐ器官

・エネルギーは目に見えない血液

・エネルギーを実際に感じるワーク

・エネルギーの詰まりが身体に現れる

 

第2章 症状の原因にアプローチする方法

・症状の出た場所に原因はない

・東洋医学が結びつける、感情と人体

・チャクラや経絡を通じ、エネルギーで人体をサポートする

・頭蓋骨(クラニアル)は身体の縮図

 

第3章「なぜ、その症状は現れたのか」を知るカウンセリング

・症状を追いかけるのをやめよう

・なぜ、その症状は現れたのか?と問いかける

・症状の原因は、クライアントの人生の中にある

・症状から、クライアントがしている「無理」を推理する

・効果的なカウンセリング(問診)の方法

 

■〈実践編〉エネルギー調整をやってみよう

 

第4章 可動域には心身のすべてが現れる

・可動域検査がなぜ重要なのか

・可動域検査で施術者とクライアントの共通認識を作る

・可動域が変わると、なぜ症状が変化するのか

・可動域の基本

・立位での検査

・座位での検査

・仰臥位での検査

・首の検査

・肩の検査

・肘の検査

・手首の検査

・背中の検査

・骨盤の検査

・股関節の検査

・膝の検査

・足首の検査

・可動域検査によってわかる調整部位

 

第5章 潜在意識に原因を尋ねる方法

・潜在意識とは

・すべては「設定」=自分ルールに沿って動いている

・キネシオロジーを応用して潜在意識に尋ねる

・より実践的な尋ね方3パターン

 

第6章 触れるだけで完了。気功を応用したエネルギー調整

・触れるだけで出来るエネルギー調整の方法

・調整部位一覧(経絡・チャクラ・クラニアル)

・症状別の調整部位

・常に自分とクライアントに問いかけ続ける

・施術方法・上級編

 

■確実に結果を出す秘訣

 

第7章 施術だけで症状が改善しない理由

・支配するのもされるのも、改善の邪魔をする

・施術者の領域と、クライアントの領域

・クライアントを手放す勇気と誠意を持つ

 

第8章 最大の原因=生活を整えるセルフケアアドバイス

・セルフケアの3大原則

・食べ物を変えれば心身は変わる

・家庭、仕事、人間関係…ストレスと上手に向き合う方法

・持って生まれた性格と考えグセのちがい

・能動的に行うセルフケアが最大の効果を生む

・好きなことをして、生命力を作り出す

 

第9章 施術者の能力を底上げする方法

・食事、家庭、仕事…施術者が一番問われている

・自営業者の考えグセと不調

・スタッフとの付き合い方

・「これさえやればOK」一発逆転思想はケガの元

・まずは「13秒吐いて・7秒吸う」深呼吸から

・週1回の神社参拝で、エネルギーをクリアに太くする

・しがらみを捨て、好きなことに情熱を注ぐ

 

おわりに

 

***

 

という構成になっております!

 

施術家さんの一助になれば

booksenden3

<自律神経療法の教科書>は、「これさえやれば!」的な施術テクニックだけの本ではありません。

「なぜ体調を崩したのか、その原因は何にあるのか」

「身体がどういう状態に陥った結果、今の症状が出ているのか」

「どのような対策をとれば原因と症状が改善するのか」

「なぜ自分の施術はうまくいかない時があるのか」

こういったことに一つ一つ向き合い、ほどき、元気を取り戻すお手伝いが出来れば…という気持ちで作り上げました。

 

「なんだこりゃ!意味がわからない」と思う方。

「ちょっと面白いじゃない」と思う方。

「これ全部やるの?多すぎない?」と思う方。

「この程度?甘いね」と思う方。

色々な感想が出て来るのかな、とドキドキソワソワしておりますが…。

 

「もっとクライアントに元気になって欲しい」

「自律神経系の症状も改善できるようになりたい」

「もっと施術家人生に命を燃やしたい」

そんな方の一助になれば幸いです!