起立性調節障害② 原因とセルフケア

起立性調節障害の原因とセルフケアについて書いていきます。

原因は一つだけではなく複合的に絡んでいます。

出来る限り思い当たることを改善していくことが早期回復しやすくなります。

 

①食事
<減らしたほうがいいもの>

小麦粉(パン、パスタ、ラーメン、お菓子、コーンフレークなど、米は取りすぎなければ大丈夫)

乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)

甘い物(アイス、チョコ、飴、ジュースなど、果物やドライフルーツに変えていくと良い)

酒(飲むとアルコールを分解しようと肝臓ががんばる。この間は肝臓の本来の働きである代謝・解毒が出来なくなる)

外食(添加物が少ない個人のお店に行くのがおすすめ)

お惣菜

<増やしたほうがいいもの>
発酵食品(みそ汁、漬物、キムチなど)

和食(栄養バランスがよい)

手作り(添加物がかなり減る)

栄養バランスがよい

 

②ストレス(家、学校)

来院するお子さんの特徴はストレスがかなりかかっています。

優しい子が多く、「自分が我慢すればいい」と他人や家族を優先して自分のやりたいことを我慢しています。
ストレスが長期間かかり続けると腸が弱くなりメンタルが打たれ弱くなります。

うちに来ないタイプは「自分の好き放題やっている」ストレスを発散しているから病気になりずらいです。

 

③生活習慣

スマホ(うちに来院にはじめに聞きます。ほぼ全員がスマホ夜遅くまで触ってます。寝る1時間前から触るのをやめてもらってます。使いすぎると目が覚めてしまうからです。結構多いのが色々調べすぎて「自分の将来はこんなもんだ」と諦めてしまっていて無気力になっています。限界までやらない子)

SNS(隣の芝生は青い。気になるなら見ないほうがいいです)

運動(運動している子は回復が早い傾向)

お風呂(シャワーだけでは疲れが取れません。お風呂に入る習慣をつけましょう)

睡眠

 

④好きな事・趣味

これがあると一気に調子が上がります。(腸や神経がご機嫌になります)

夢中になり、いつの間にか2〜3時間たっていた。そんな好きな事があると最高です。

これは他人に勧められたのではなく、自分で探して夢中になれたものだけです。

⑤親の過保護・過干渉

お子さんは親のことがとっても大好きです。ですので親がすることには逆らいません。

あまりに関わりすぎると温室育ちになってしまい、いざというときに何も出来ない子になってしまい腸が弱くなります。

逆に親が忙しすぎて接触回数が減ってしまうと、愛情に飢えて腸が弱くなってしまいます。

他の子どもと比較するのもよくありません。

 

⑥目標

この症状に限らず目標がある子は回復が早い傾向にあり、

夢に向かって改善の努力を惜しみませんのでこちらはお手伝いしやすいです。

「治ったら何をしたいか?」当院の問診票に入っております。

 

もしやっていないことがありましたらやってみてください。

症状の改善に近ずくはずです。

 

常若整骨院

〒814-0005福岡県福岡市早良区祖原4−3