自律神経は生活の鏡!人生のバランスを整えて健康になるポイント8つ

レーダーチャート

季節の変わり目の不調、季節性うつ、パニック、お天気頭痛…

秋が深まるにつれて増えて来るこういった症状は、自律神経の乱れによるものだと言われています。

 

「毎年毎年、同じ症状を繰り返すのもイヤになってきた」

「自律神経とかストレスとか、よく言われるけどイマイチよくわからない」

「普通に生活してきただけなのに、どうして私の自律神経は乱れたっていうの?」

 

実は、その<普通だと思って送ってきた生活>に、自律神経を乱す・整えるポイントが潜んでいるんです。

 

自律神経は総合芸術

kayui_2

自律神経とは、呼吸・循環・分泌・消化・吸収・排泄など、さまざまな生命活動を支えている神経です。

■交感神経:ストレス・活動・日中によく働く

■副交感神経:リラックス・休息・夜間に良く働く

の2つがシーソーのようにバランスを取り合いながら、身体を健康に維持しています。

 

自律神経はとにかく仕事が多い神経。なので、様々な要素に働きを左右されます。

たとえば、

■いつも自分にダメ出しをするクセがある(自発的ストレス)

■外食が続いている(身体に合わない食事)

■家族とソリが合わず、家の中がギスギスしている(リラックス出来ない環境)

■やらなきゃなーと思いながら身体を動かしていない(運動不足)

■趣味がない(ストレス発散ができない)

■仕事と家事の両立で忙しすぎる(自分をすり減らしている)

■とくに夢ややり遂げたいことがない(生命力が湧いてこない)

…といったことは、自律神経の働きに大きな負担をかけます。

 

自律神経に負担がかかると、ほとんどの場合、交感神経の働き過ぎが起こります。イライラ・神経質・不眠・息苦しい・呼吸が浅い・動悸がする・汗をやたらとかく、などが分かりやすい反応です。

そのままストレスがかかり続けると、働き過ぎた交感神経はやがて頭打ちになり、今度は副交感神経が働きすぎる状態に陥ります。不安・憂鬱・だるさ・やる気が出ない・朝起きられない・ため息が増える・冷え症などがわかりやすい反応です。

これが続くと、交感神経と副交感神経のバランスがどんどん乱れ、自律神経が影響をおよぼす場所=身体全体のはたらきに様々な不調が起こってしまいます。

 

不定愁訴や原因のわからない症状は、元をたどってみると、生活の色々な場面から来るストレスに引き起こされています。

自律神経は、生活の鏡。いわば総合芸術なのです。

 

人生全体から体調を整える!ポイント8つ

レーダーチャート

自律神経をはじめとした身体の状態は、あなたの生活、ひいとはこれまで送ってきた人生のコピーのようなもの。

「この不調を根っこから整えたい!繰り返したくない!」と思うなら、健やかに生きる上で欠かせない8つのポイントを満たすことがオススメです。

そのポイントとは、食事・考え方・環境・運動・生活習慣・楽しみ・仕事・使命感。

 

この8角形のレーダーチャートを、バランスよく満たすようにしていると、心身が快適で健康でいられます。

どこか一カ所だけ突き抜けていたり、他の部分は満ちているけど欠けている場所があったり…とバランスが取れていないと、他の部分にも影響を及ぼします。

「だって仕方ないじゃない」と現状に流され続けるのではなく、頭の理屈や理想で現状をぶっちぎるのでもなく、今いる場所の中で、どうやってバランスよく整えていくか。がポイントです。

 

食事(栄養・毒素・団らん)

karume

■旬の食材を使った手作りごはんが基本

■外食や買ってきたごはんはたまの楽しみに

■食べ過ぎない(腹八分)。胃腸が疲れている時は一食抜く

■材料を見直すなら、混ざり物のない調味料→産地や飼い方に気を付けた肉や魚→無農薬野菜や穀物、の順番で

■人間は雑食。栄養バランスは<炭水化物:タンパク質:野菜類=1:1:1>が基本

■マクロビ、糖質制限、断食など、極端な食事制限はあくまでも不調を整える時の一時的な対処。だらだら続けない

■食卓ではお説教や暗い話をしない

■食品添加物に気を配り、原材料表示を見る

 

考え方(ストレス)

27f08e077bedcdd3f8216a47ab7c6ec3_s

■人それぞれ生まれ持った性質があり、皆違う生き物だと知る

■自分本来と違う考えグセを身に着けると(良かれと思ってやっていても)生きているだけでストレスが溜まる

■自分がどういう生き物か(何が好きか・何が嫌いか・何が得意か・何が苦手か)を把握して、それを元に生活における取捨選択をする

■自分へのダメ出しは一切やめる(半端じゃないストレス)

■何か間違えたと思ったら、自分を責めることにエネルギーを使わず、淡々と行動を変える

■「人がどう思うか」より「自分はどう思うか」を最優先する

■「○○のせいで辛い思いをしている」「○○さえ変わってくれれば上手くいくのに」と思っている間は、○○に人生の主導権を奪われている。

■「キッカケは○○だったけど、その辛さを乗り越えずにきたのは私自身だ」と頭を切り替えると、自分の手元に人生の主導権が戻ってくる

■自分の頭で考え、自分で決断し、行動し、その結果を引き受け、次に生かす。という成長の基本の流れをおさえる。

 

環境(職場・家庭・人間関係)

0db286237b2ae10f2e856ecf15ce99d7_s

■「その問題の最終的な結果を引き取るのは誰?」と考え、他人と自分の問題を分離する。自分のやるべきことのみに集中して、他人の問題を背負おうとしない。

■家族や近しい人とは、できるだけ「お互い味方でいよう」と決める

■自分の意見を伝える。相手の意見を聞く。すり合わせをする。

■理解できないことは理解しなくていい。「そういう生き物なのだ」と寄り添う。

■どうしても相いれない人や環境とは、適切な距離をとる

■環境や人をポンポン取り換えても、自分が変わらなければ同じ課題がやってくる。相手を変えようとせず、自分の見直しが一番。

■家の中で安らげない時は、カフェ・公園・車の中など、どこでもいいので家以外の安心できる場所を確保する

■身の回りに、好きなもの・お気に入りのもの・見ていて癒されるものを増やす

■観葉植物やお花、水晶など、自然のパワーを貰えるものを家の中にも置く

 

運動

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_s

■とにかく身体を動かすことを習慣づける

■筋トレは、身体の基礎代謝や体温が上がり、免疫力アップにつながる

■ウォーキングなどの有酸素運動は、疲労が抜けやすくなり頭がスッキリする

■ヨガはポーズと呼吸によって、内臓ふくめ身体全体をリラックスさせる

■痛みやしびれが出るような動きはやめておく

 

生活習慣

17073fdf1da9d0987a6cca453561812a_s

■必要な睡眠時間は人それぞれ違う。目覚まし時計をかけずに寝られるだけ寝ると、自分にとって必要な睡眠時間が把握できる

■スマホやタブレット、PC、ゲーム機は、依存性が強く、脳や神経を疲労させる。時間を決めて使う。こまめに電源を切る。

■山、海、神社、公園など、意識して自然のある場所に出かける

■疲れる前に休む。休むことに罪悪感を覚えない

■部屋の散らかり具合=自分の心の散らかり具合。ものを減らしたり片付けるとストレスも減る

■お月見やお花見をしたり、季節のイベントごとを楽しんだり、積極的に四季を感じる

 

楽しみ(趣味・ストレス発散)

syousyu_3

■人から勧められたものより、自分が自発的に好きになったものが効果大

■五感を使う遊びは心身を元気にしてくれる

■人と一緒にすること・ひとりですること・家でできること・外でできること等、いくつか楽しみを取り揃えておく

■小さい時に好きだった遊びがヒントになることも多い

■受動の楽しみ(読書・映画鑑賞など)と、能動の楽しみ(スポーツ・料理など)、両方があるとより良い

■映画、スポーツ、書籍、どんなコンテンツに触れる時も「それを前ノリで楽しんでやろう」という気持ちで挑む。意地悪な気持ちであら捜しをしていると楽しめない

 

仕事(学校・家事・育児)

kamen_3

■周囲の為に自分をすり減らすような働き方は見直す

■自分がやった方が速いからと一人で抱え込まず、周囲に仕事をふる

■人間関係・業務内容・金銭面・拘束時間などのバランスを、自分の納得のいくようにできるだけ整える。どうしてもストレスになる部分はきちんと話をする

■親や先生の持っている正解や期待より、自分がどうしたいか・何が好きか・何が得意かを大事にする

■習い事や趣味など、学校以外にも居場所を見つける

■主婦業・お母さん業は、毎日30分でいいので休み時間を死守する。本気で確保しないと、周囲の都合にすり潰される

■家族や保育園だけでなく、友達・ママ友ネットワークなど、信頼関係で助け合える人を増やす

 

使命感(夢・希望)

child_1

■「一年後に死ぬとしたら、それまで何をしたいだろう?」と考えて、実行してみる

■小さい頃の自分が、今の自分を見て何と言うか想像してみる

■どんな人に憧れるかを書き出して、そんな人に近づけるようにちょっとだけ言動を変えてみる

■人生を楽しむ、と決める

■自然や社会に生かされていることを実感し、何が還元出来るか考えてみる

■一生をかけて実行できるか出来ないか、というスケールの大きな目標や夢をもってみる

 

生活を整え満たすと、自律神経も整い満ちる

iki_3

自律神経はとても仕事の多い器官です。

その分、食事、ストレス、仕事、人間関係、運動など、様々な影響を受ける神経でもあります。

自律神経系の不調を根本的に整えたいなら、食事・考え方・環境・運動・生活習慣・楽しみ・仕事・使命感といった、生活、ひいては人生全体のバランスを整えることが近道。

 

自律神経は生活の鏡。

もし、あなたがお天気頭痛や不眠、動悸、息苦しさ、慢性疲労などに悩まされているなら、「そろそろ生活全体を見直して欲しいな」という自律神経からのメッセージを受け取っているのかもしれません。